引越し 繁忙期

引越し業者の繁忙期について

引越しにもシーズンというものがあってその真っ最中に引越しをすることは
料金的にはかなり損をしてしまう可能性が高いので注意が必要です。

 

特に何もない時期と比べて繁忙期の引越しは2倍は違うと言われていますが、
繁忙期というシーズンの中でも最も忙しい時期に引越し業者を利用した引越しをすると
2倍どころか3倍にも4倍にも引越し料金が高くなってしまうこともあります。

 

では引越しの繁忙期というのはいつかというと2月から4月にかけての新生活が始まる時期です。
これはほとんどの人が一度はこの時期になって引越しを考えたことがあるのではないかと思います。

 

特に新社会人や大学生活をスタートさせるということで単身引越しが増える時期になります。
さらに2月から4月の中でももっともピークを迎える時期と言われているのが、
3月の第2週から第4週の間になります。

 

これがいわゆる先程の通常の3倍とか4倍に引越し料金が高騰する時期です。
確かに業者間による差もありますがこの時期は避けることができるなら避けたほうが賢明です。

 

もちろん急な引越しとなると料金が高いのはもちろんのこと、引越し業者を選ぶことができないという
可能性も十分に考えられるのでなるべく早めに動き出すといいでしょう。

 

一年でみるとこの時期がピークなのですがこれ以外の時期というと夏場の7月から8月になります。
この時期は子供が夏休みということもありファミリーの引越しで忙しくなる時期です。

 

2月から4月に比べるとまだマシなほうですが通常に比べると引越し業者が忙しく、
また引越し料金を見ても少し高い傾向にあります。

 

 

3月の引越しで料金を安くするためにはコチラをご覧ください>>>