荷造り 面倒

荷造りが面倒だからといってやらないとより面倒になる

私が引越しを行うときになんだか面倒だなと感じるのは荷造りです。
荷造りを行うためにはまず整理している荷物を引っ張り出さないといけません。
引っ張り出した荷物を段ボール箱やビニール袋などの入れ物に入れていくわけですが、適当に詰め込むわけにはいかず、種類ごとに分けてきっちりと荷造りをしていきます。

 

 

荷造りは荷物の取捨選択というのも大事になってきます。
家にある荷物を改めて見直す機会であり、必要か否かを考え、不要なものは不要なもので分けていかないといけません。
片付けられている荷物を引っ張り出すのも一苦労で、それをまたきちんと整理していくことを思うと、本当につくづく面倒な作業だなと思います。

 

 

また荷解きのことを考えて、荷造りした荷物の中身が分かるように工夫もしています。
たとえば袋は透明のものを選び、一目で中身が分かるようにといったことです。
段ボール箱を使用することも多く、透明な段ボール箱は多分ないと思うので、ダンボールにペンで直接中身を書くといったことを行います。

 

 

そういった作業を引越しの度に行っているので、面倒だなと思うのです。
しかし面倒だからといってやらないと、後々より面倒なことになるので、面倒であってもしっかりと行うようにしています。

 

荷造りが面倒だからといってやらないとより面倒になる関連ページ

1台のトラックに高々と積み上げてくれました
赤帽の単身引越しの体験談
赤帽での単身引越しを経験した人の体験談を紹介しています。